忘れそうな内容をメモしています

忘れっぽいのでメモ帳がわりに色々書いてます

zabbix-dockerの環境構築とリモートコマンド設定

先日obnizとzabbixを組み合わせて、ラズパイの監視環境を構築しました。 elchika.com

zabbixの環境構築についてここに書いておきます。

zabbixの環境構築

最初、zabbixのダウンロードページの手順で沿って進めようとしましたが、 パッケージのインストール以外にDBの設定が必要なことや、既存の環境と同居させたくなかったのでzabbix-dockerで構築しました。 構築した環境はdebian10です。

github.com

zabbix-dockerは、docker-composeを使用するので、 以下手順でdocker-composeのインストールを行いました。

#curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.29.1/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o /usr/local/bin/docker-compose
#chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

docs.docker.com

以下でzabbix環境の出来上がりです。簡単ですね。

$git clone https://github.com/zabbix/zabbix-docker
$cd zabbix-docker
$cp  docker-compose_v3_ubuntu_mysql_latest.yaml docker-compose.yaml
#docker-compose pull
#docker-compose up -d

ちなみにコンテナを停止するときは

# docker-compose stop

コンテナの中にログインするのは以下(-u 0でrootログイン)でできます

#docker exec -it -u 0 zabbix-docker-zabbix-server /bin/bash

http://localhost/zabbix.phpにアクセスするとzabbixの管理画面が表示されます。 Admin/zabbixでログインできます。

zabbixの設定

  • エージェントの設定
    監視対象のラズパイにて#apt get install zabbix-agentでインストールしました。

  • ホストの設定
    [設定]-[ホスト]で監視対象の名前、テンプレート( Template OS Linux by Zabbix agentを使用しました)、IPアドレス、ポートを記入します。 ポートはzabbix-agentoを使用する場合は10050がデフォルトのポートになっています。
    詳しい設定内容は以下にまとまっています。
    1 ホストの設定 [Zabbix Documentation 2.2]

  • リモートコマンドの設定
    監視結果に応じて任意のコマンドを実行可能なリモートコマンドですが、
    [設定]-[アクション]から右上の[アクションの作成]をクリックし、 名前と実行条件を入力し、[実行内容]の[実行内容のタイプ]をリモートコマンドに選択して[コマンド]に実行したいコマンドを入力すればOKです。今回はcurlでwebhookにアクセスするコマンドを登録しました。
    詳しい設定内容は以下にまとまっています。
    2 アクション [Zabbix Documentation 2.2]